風彦の音楽鑑賞日記

主に日々聴いた音楽について備忘録を兼ねて綴っていきます。

鑑賞日記 (2020年6月28日日曜日)

6月ももう最終週。一年の半分がもう終わろうとしている。歳を取る毎に、月日の流れの速さに驚いています。

ベートーヴェン ピアノ作品集2

演奏: 伊藤恵 (Kei ITOH)  - ピアノ

レーベル: フォンテック (CD/SACD Hybrid FOCD9834)

前回の「ベートーヴェン ピアノ作品集1」の演奏と音質が良かったので、近所のタワーレコードで購入しちゃいました。ピアノ・ソナタ第30番、13番, 14番「月光」、6つの変奏曲 Op.34 が収められています。ゆったりとしたテンポの中で、節度を保ちつつも、ベートーヴェンの世界を朗々と歌い上げています。Fazioli F278の音色も素敵です。

f:id:kaze_hiko:20200628152617j:plain

参考リンク: amazon, Tower Records,


ベートーヴェン: 中期弦楽四重奏曲

演奏: メロス四重奏団 (Melos Quartett)

レーベル: Deutsche Grammophon (TIDAL Master)

ベートーヴェン弦楽四重奏曲を重厚な音色で聴きたいときはメロス四重奏団をチョイスします。期待通り、ラズモフスキーの疾走感を馬力のある演奏で聴かせてくれて、大満足。アルバン・ベルク四重奏団の演奏も良いけど、メロス四重奏団もさすがです。

TIDALで聴きましたが、音が良いことにびっくり。確か1980年代の録音なので、デジタル録音が出始めの頃でしょうか。MQAでの配信です。

なお、タワーレコードで全集が出ているようですね。

f:id:kaze_hiko:20200628154620p:plain

TIDAL, Tower Records