風彦の音楽鑑賞日記

主に日々聴いた音楽について備忘録を兼ねて綴っていきます。

鑑賞日記 (2019年12月24日)

今日はクリスマス・イブですね。
こんな時期に、今日は人間ドックを受けてきました。
胃カメラで自分の胃を見るのはなんともいえない気分なのですが、これも健康のためです。

メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 ニ短調 作品49

イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)、ヨーヨー・マ(チェロ)、エマニュエル・アックス(ピアノ)

音源: ソニー・ミュージック

このピアノ三重奏曲をまた聴いてしまいました。今日は、パールマン、マ、アックスのトリオです。
Wikipediaによると、

この曲を聴いたロベルト・シューマンは「ベートーヴェン以来、最も偉大なピアノ三重奏曲」だと評し、メンデルスゾーンを「19世紀のモーツァルト、最も輝かしい音楽家」だと称えた。

と記されています。
まさに名曲ですね。

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番&第2番

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番&第2番

  • アーティスト:ヨーヨー・マ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2010/02/03
  • メディア: CD